<   2009年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

「二人の世界」

またまた、YouTube ネタだ。

「二人の世界」という歌がある。真っ先に頭に浮かぶのは、石原裕次郎の曲。カラオケ等へ行くと必ずこれをリクエストし、女性にデュエットを強いるおじさまがいる、デュエットの定番ソングの一つでもある。

先日見つけたのは、もう一つの「二人の世界」。
竹脇無我と栗原小巻が出演した同名のテレビドラマ(この頃はまだ白黒放送だったかな?)の主題歌だ。

歌詞が実に良い。
d0054692_21302475.jpg


YouTube上のこの曲に寄せられたコメントに、このような一節があった。

ほんとに  歌詞が素敵ですね
今時の曲のように 英語のフレーズを多用せずとも  こんなにも  恋心は  切なく美しく 表現できるんですね



曲のイメージとはずれた画像が残念だが、曲そのものは十分堪能できる。

歌手自身が唄う映像はこれ。

やや力み気味で、曲も短縮版となっている。

淡く、青く、そして切ない恋心。そんな時代はだれにもあったはず。青春、だれもが詩人であり、歌人であった。

Moreそこで、日本語を考える本を幾つか読み漁ってみた。
[PR]

by taketombow | 2009-11-29 22:01 | 雑感  

終わるわけにはいかないのだ!

 今、本業で課題が山積し、気が重く、このブログも中々更新するという気分になれない。

各エントリーへせっかく頂いたのコメントにも、コメントバックはできないままになっている。

また、自分の気持ちにゆとりのないまま文章を書くと、痛烈な批判や皮肉に満ちた嫌な文しか書けないような気がするので、自重している面もある。

明日までに仕上げる書類も金曜日に自宅へ持ち帰ったが、遅々として進まない。


これは、気分転換に彷徨ったネットで、先程拾った写真。

担当者の「単純ミス」なのだが、たかが「単純ミス」だと笑い飛ばしきれない現在の社会情勢と、私の気分が気懸りだ。
d0054692_1423830.jpg


今終わって貰っては困るのだ!!

※ 先程、知人が廃業したという便りが届いた。今年になってから何件目になるのだろう。
 工場・事務所と自宅も兼ねていたから、家と、仕事を同時に失った。これからどうやって生きていくのだろうか。年齢で言えば私の父母に当たる世代だ。もう再起を期す時間は残っていない。豪邸暮らしから一転、公共住宅暮らしとなった落差に、彼らの心は耐えられるだろうか。彼らの家族は、多くの従業員とその家族の生活はどうなるのだろうか?
 その私もそろそろ定年。人の事を心配しているゆとりも実はないのだが。
[PR]

by taketombow | 2009-11-08 14:24 | 雑感