「児童虐待」 その後  日本一醜い親への手紙

d0054692_1037893.jpg
 児童虐待被害者のカミングアウト本。


 本書は、1997年に出版され話題となったが、その後絶版となった。
数ヶ月前、編集者の今一生さんから再版のお知らせを戴き予約した本が、昨日やっと届いた。
早速、紐解いたのだが、結局、数ページをパラパラッとめくっただけで、本を閉じてしまった。

もちろん、下らない云々の問題ではない。暗いのだ。余りにも暗く、救いもない。




 最近、児童虐待関連のニュースが毎日のようにマスコミを賑わしている。そして「識者」が「最近の若い親は・・」と分かったようなコメントを垂れ流す。

 しかし、私の見方では児童虐待はさほど急増はしていない。急増しているのは、その「認知件数」なのだ。「発生件数」ではない。社会の人権意識が高まり、子ども虐待を防ごうという機運が少しずつ芽生えてきたので、今まで見えてこなかったものが見えてきたのだ。考えようによっては、良い傾向の一つとも考えられる。
 同じ、或いはもっと酷いことをしても、昔は犯罪どころか虐待ともとらえられなかった。借金返済のため、娘を売春宿に売り飛ばしたら、現在はとんでもない犯罪であるが、昔は、美談とされ、戯曲にさえもなっている。


以下は以前に読んだ時のレビュー

 以前に同じ出版社から、『完全家出マニュアル』なる本が出版されたとの報道を目にしたことがある。
 そのときは、
「利益だけのためにこんな本を売り出すから、青少年の家出を助長してしまうんだ。」
と否定的な見方をしていた。しかし、この本(「日本一醜い親への手紙」)を読んだ後は考え方が変わった。

 「家出してでも良い。生きていてくれさえすれば。」
「家庭(それが「家庭」と呼ぶに値するかは別問題だが)に帰る  =親と共に暮らす ことが必ずしも幸せとは限らない」 と。

 この本は、親への憎しみを綴った9歳から81歳までの「子ども」からの手紙を、100人分収録したものだ。

多くは 児童虐待 それも親兄弟などの肉親からの、身体的暴力、精神的暴力、性的虐待、ネグレクト等々を受けた経験を、生々しく、或いは淡々と綴っている。

 子どもの時の記憶だ。「真実」とは違うかも知れない。でも、「そう感じた。そうとらえてしまった」ことは紛れもない事実なのだ。小さな頃に負った心の傷を(時には身体的な傷までも)今でも引きずって生きている。彼(彼女)らにとっては、紛れもない「事実」なのだ。

 中には、自分の今の不遇を親のせいにしている、自分勝手な手紙もある。でも、そのような「子」に育てたのは、その「親」だ。
 子どもは無論のこと大人でさえ、生きていくのが大変な時代。子どもの心からの辛さを自分の中で昇華できるのが、「大人」であることの条件なのだが、彼らにはそれが極めて困難なのだろう。

 彼らが名実ともに大人になれる日は何時やってくるのだろうか。

 彼らに心の底から伝えたい。後ろを振り返っても何も産まない!前を向いて生きろ! と。

 でも、もし自分のことだったら、そう思っていてもなかなか出来ないだろうなあ。


まもなくamazonでも購入できるようになる筈だが、部数は極めて少ないそうだ。
下記の編者や出版社に直接問い合わせた方が確実だろう。

編集 今一生 クリエーティブメディア 
http://www.createmedia.co.jp/yoyaku.html
出版 ノンカェイン・プロダクション
http://www2u.biglobe.ne.jp/~sumishi
[PR]

# by taketombow | 2010-07-10 10:38 | 私の本棚から  

死刑でいいです --- 孤立が生んだ二つの殺人

d0054692_1133453.jpg
死刑でいいです --- 孤立が生んだ二つの殺人 池谷孝司・編/著 共同通信社・刊 1,400+TAX円


改めて「刑罰」の意味を考えさせられる本。

 「刑罰」は何のためにあるのか。社会防衛のための「見せしめ」、犯人の「更正」、それとも、被害者や社会の「処罰感情」を満足させるためだけなのか。

 この犯人は何の反省もなく「希望通り」に処刑された。これで見せしめになったのか。犯人が死を望んでいないとき、死刑は犯罪の大きな抑止力となり得るが、この場合はどうだったのか。そして、社会の処罰感情は充足されたのだろうか。

 この犯罪は、軽度発達障害が基底にあり、それを無視した養育により「愛着障害」を引き起こした結果だろうと、私は考えるが、本書を読みその思いはますます強くなった。本書に記述された母親の養育姿勢、母子関係等にその傾向が見られるような気がする。

 反省していない、むしろ死を望んでいる犯人に「望み通り」に「死刑」を執行することが、果たして最も正しい選択だったのだろうか。「間接自殺」を望む犯人に税金を使って、その手助けをしてやった。そういうことが言えないだろうか。

 護送車中での「不敵な笑い」は、何も彼が開き直っているからではない。アスペルガー、ADHD等の軽度発達障害では、相手も感情を読み取る、場の空気を読み取る、場に即した態度・表情をとることが極めて苦手なのだ。障碍のない人は、たとえ全く「反省」していなくても、「反省」した方がよい場面では、その雰囲気を読み取り、十分に「反省」できる。

 反省しているから減刑、反省の様子が全くないから求刑通りでは、このような発達障害者にとって極めて不利な状況となる。

 本書の最後にある元家裁調査官 藤川洋子氏の言葉が耳に残っている。

 「『反省』無き更正という方法があっても良いのではないか」

 再び社会に害を与えないようになるのならば、その方法も検討の余地はあるだろう。

 実母、大阪の姉妹の三人を殺害した犯行は事実であり、その責任は当然本人にとらせるべきだ。だから、死刑以外の選択肢は無かったのかもしれない。

 でも・・・・・・、


同じ事件を扱った図書に
我思うゆえに我あり 死刑囚・山地悠紀夫の二度の殺人 小川善照・著 小学館・刊 1,800+TAX円

発達障害者の事件を扱った本に
自閉症裁判 レッサーパンダ帽男の罪と罰 佐藤幹雄・著 洋泉社・刊 2200+TAX 円 がある。この本もおすすめ。

事件がある度に、強調されることだが、これらの発達障害があるから、事件を起こすのではない。これらの発達障害に対して適切な療育がなされてこなかったから、事件の加害者となってしまったのだ。

もう一つ、気になることがある。

これらの凶悪犯罪被疑者の障碍を極力隠そうとする傾向があることだ。それは、これらの障碍をもった人々から、自分たちまでがそのような犯罪の予備軍のように思われるので、(障碍名の報道は)極力やめて欲しいという願いが寄せられているからなのだが、実はそれだけではない。

 最近とみに高まっている「処罰感情への配慮」がある。明らかな障碍があり、責任能力なしと判断されたときには、裁判そのものが成立しなくなり、処罰を求める世論から検察は厳しい批判をうける。だから、できる限り、「責任能力なし」は避けたいのだ。

 上掲の「自閉症裁判 レッサーパンダ帽男の罪と罰」の犯人は、自閉症とともに知的なハンディもあった。しかし、「責任能力あり」との鑑定を元に、裁判官、検察官、弁護士の言っていることの意味も分からないまま、裁判は進行し判決が下される。絞首刑となった彼は、最後まで何も分からないままだったのだろう。
[PR]

# by taketombow | 2010-06-05 19:44 | 私の本棚から  

医療戦略の本質 マイケル・E・ポータ

d0054692_21565629.jpg医療戦略の本質 - 価値を向上させる競争 -  マイケル・E・ポータ&エリザベス・オルムステッド・ティスバーグ・著/山本雄士・訳 日経BP社・刊 2,800+TAX円

ある病気を、A医師は1ヶ月治療して全治させた。B医師は2回の治療で同様に全治させた。このときの医療コスト、医師の収入、患者の支払額は圧倒的にA医師の方が多い。
 しかし、「医療の価値」と言う点ではどうだろうか。B医師の方が患者の経済的、経済的以外の負担は遙かに少ない。医療費もこのような視点で考えるべきだと著者は主張する。

 究極の医療は「病にかからないこと」なのだから。

 医療費の算出もかかったコストを積み上げていく現在の方法ではなく、トータルな医療の価値に対して支払いをすべきだと。

 著者の「医療を再定義する」と名付けた医療戦略論を目の当たりにして、 これからの医療システムの在り方を世界中で真剣に考えるときが到来した、と強く感る。

 高度な専門性、複雑性から、突っ込んだ議論が避けられてきた医療システム論だが、もはや医療システムは、医療関係者だけで解決できる領域ではなく、 全人類の知恵の集大成を惜しみなく投入してこそ対応できる 極めて複雑な領域になってしまったのである。

 この包括的な医療戦略の取り組みを参考に、 国や地域がそれぞれの特性を十分に理解し 最大限に生かした医療システムを構築することが望まれる。
 
 日本は、それができるのだろうか。
[PR]

# by taketombow | 2010-06-04 22:06 | 私の本棚から  

今日のTwitter(ツィッター)

実感。世界は今も動いている。

DaisukeYamazaki 先日、外語大の学生と話していて気付いた。学習指導要綱とか見てみると、中高で800時間強の英語の授業を受けてる。これって起きている時間ベースで言うと、2ヶ月くらい英語を浴びている計算。でもほとんどの人は英語が使えない現実・・・。留学の方がよっぽど使える英語が見につく。

DaisukeYamazaki そんなことを言っている自分は、留学経験は無く、中高英語の授業は全て爆睡。でも今、一応英語を仕事で使ってる。やっぱり必要に迫られないと人間はやらないんだと思う。そういう意味では、中高生を全員国費で必要に迫られる環境に留学させるくらいの方が、コストパフォーマンスはいい気がする

ktsujino 優れた才能がグローバルに活躍できる場が日本には少な過ぎるのがGに人材が集まる一つの理由。このままでは駄目だ。

ktsujino SとGの提携が自分の退任後に発表されるのが皮肉w 上手く行くことを心から願うが、今のSはGについて行けるかが問題。本来は、SがGを仕切るくらいでないと日本人的にはつまらないが、decisionとactionのスピードがあまりにも違い過ぎる。

iwakamiyasumi 続き。その防衛省関係者は、こうも語った。「北朝鮮のミサイル発射準備の情報が、少し前から出ているため、沖縄の嘉手納基地に情報を収集するコブラボールが飛来してきているが、ミサイルが着弾でもしないかぎり、これ以上拡大することはない」と。

iwakamiyasumi 続き。岡田大臣の会見で、釈然としなかった点がいくつかある。ひとつは、以前の会見で、「もし事故でなかったら、六カ国協議が吹っ飛ぶ」と口にした真意。はっきりとした見通しは語られなかった。

iwakamiyasumi 続き。もう一点は、北朝鮮のテロ支援国家再指定に関して。実は米下院の外交委員会の、中東小委員会が、ハマスやヒズボラに北朝鮮からミサイルやロケット砲などの武器が供給されているというイスラエル外相の非難に基づき、北朝鮮を、テロ支援国家に再指定するように大統領に書簡を送った。

iwakamiyasumi 続き。中東の動きは、極東の動きに密接にからむはずだが、日本では、そうした広い視野で極東情勢を語る者が少ない。私は、朝、とくダネで、このポイントを指摘し、午後の外相会見で大臣にぶつけた。
[PR]

# by taketombow | 2010-05-22 02:53 | ニースに接して  

医療の価値

 加齢とともに、年相応の症状に不自由を感じるようになってきた。

それで、医師の診察を受けるのだが、何か違う。

1 数年前、山行中に両膝の激痛に襲われた。這うようにして何とか帰宅し翌日受診したら、X線と触診問診で、「年のせいですよ」変形性膝関節症との診断。湿布薬、痛み止めの飲み薬と塗り薬を処方された。

2 先日来、日常的に耳詰まりが続き、鬱陶しく声が聞きづらいので耳鼻科を受診。2時間近く待った後、「聴力が落ちている。なぜ、もっと早く来なかった。」とお叱りを受け、いろいろな検査を受け薬を塗ったり、吸入の処置を受けた。しかし、耳詰まりは治らない。

1では、痛みよりも、どうしたら、山歩きを続けられるか、症状の進行を遅らせることができるのか。それを聞きたかった。先の見通しがあれば、一時的な痛みなら我慢できる。しかし、逆の処置は不安が募るだけだ。結局、山の仲間に聞いた経験談から、ダブルストック、サポートタイツで膝への負荷の軽減を図るとともに、足の筋肉強化トレーニングにより、山歩きを続けられるようになった。

2では、それ以来受診していない。定年退職、不慣れな新しい仕事への転身という身の回りの変化が一番の理由だ。しかし、2時間近くの待ち時間、数千円の自己負担、叱られるだけで自覚症状については何ら改善が見られない状態で、「まっ、いいか」という気分になっているのも事実だ。

 医師は医療の専門家だから、それぞれの病態について予後の見通しはついているだろう。加齢に伴う症状は効果的な治療法も少ないことも承知している。自動車なら、毎年車検の段階も過ぎてとうに廃車になっているような年齢だ。診療単価が安く改善の見込みがないのなら、口うるさい高齢者は通院を諦めさせた方が、経営的にはプラスだろう。

 しかし、少しでもQOLを改善しようと通院する身にとって、それは悲しい。

 医療の価値とは、病気やけがを治すことにあるのは勿論だが、それに伴う、様々な不都合を少しでも軽減することにもある。
[PR]

# by taketombow | 2010-05-21 10:07 | 雑感